トップページ > 【みのごり関連】:ひとりごと > ■ふと昔を思い出していました。

■ふと昔を思い出していました。

2009年10月14日
このクソ深夜に
ふと思った事を書き綴ります。


■人に物事を伝えるのは難しい。

これは
私がメルマガを始めてからつくづく感じる事ですが
人に対して物事を伝えるのは本当に難しいなあって思います。


普通の生活をしていたらね。
相手に物事を伝える事で苦労なんかしないんですよ。


自分をよく知っている相手にしか話さないから
かなり曖昧なニュアンスで話をしても、聞き手が察知してくれる。


『あー。おそらくこういうことが言いたいんだよね。』って
向こう側が想像して話を聞いてくれているわけです。


しかも聞き手側がしっかりと
自分が話す事を聞いてくれている。


これって
普段の生活をしていると全く気付かないけど
すごく楽な事なんですよね。


だって
自分が話した内容が不足していても
相手側がフォローしてくれるわけだし。


そんなつたない会話であるにも関わらず
相手は注意深く、真剣に聞いてくれるんですよ。


こんな楽な事ってないでしょ。


私もそういう楽な生活をしていて
メルマガアフィリの世界に飛び込んだので
最初はとても苦労しました。


だって
読者は最初、私の事を知らないから
真剣に読んでくれようともしないし。


私が書く文章は
説明が不足しすぎで、読んでいる人は意味が分からない文章だし。


そんな文章
誰も読んでくれるわけないですよね(苦笑


けど
そんな文章をひたすら書いていました。


しかも残念な話。
自分ではその事を全く気付かずにね。。。


自分では普段通り
文章を書いているから、相手に伝わると勘違いをしていたんです。


なのに
『何故メルマガの反応が上がらないの?』

って
いつも不思議に思っていました。


それで
当時のトップアフィリエイターという人に
勇気をもってメールをしたんですよ。


『私の文章、ぶっちゃけどうですか?』ってね。


そこで
帰って来た言葉がこれ。



『さっぱり意味が分かりません。
   何が言いたい文章なのかまるで分からないです。』



と,ばっさり
斬られてしまいました。


正直
ショックでしたが、逆にすっきりしましたね。


自分の悪い部分が明確になり
その後は、丁寧に文章を書くように心掛ける様になりました。


勿論
その時の教えは今も忠実に守っているつもりです。



■ 人の心に響く文章

ただ。
いくら丁寧に文章を書いても
相手に伝わらない事が多々あります。


これが
私が次に感じた壁。


いくら丁寧に文章を書いても
相手の心に響いていないなとずっと感じていました。


この悩みを持っている人って
結構多いんじゃないかなって思います。



正直な話。
今メルマガを発行している
アフィリエイターさんのレベルは高いですよ。


昔の私みたいに何を書いているか
意味の分からないものを書いている人はほとんどいない。


本当に
きれいな文章を書くなあと感心します。



ただね。
全くと言っていいほど個性がない。


ぶっちゃけ
どのメルマガを読んでも、区別が付かないんですよ。


・枠にはまった文章。
・マニュアル化された表現。
・ありきたりのレビュー。


これが
今のメルマガアフィリエイターの姿だと
私には感じてなりません。


今現在、メルマガを発行しているアフィリエイターは
世間体を気にしすぎて、自分の姿を出し切っていない。


まぁ
中には、ただ毒を吐くだけの
意味不明なメルマガを書く意味不明の
アフィリエイターもいるけどそれに関しては放っておいて(笑


『誰かに嫌われたくない。』

   とか

『こんな事を書いたら周りの人と意見が合わない。』



とか考えている人が
多くいるんじゃないかなと思います。


別に
自分の考えなんだから
他の人にどうこう言われようが別に関係ないじゃんね。


ただ
周りの人と同じような事を書いていても
たくさんいるアフィリエイターの中のただ一人としか
思われないじゃないですか。


いかに
自分らしさを出すか。

ここが最も重要な部分でしょう。


たとえ人から批判されようとも。
たとえ自分だけが違う意見を発したとしても


『自分の考えはこうだ!』


という文章こそが
相手の心も動かせる文章じゃないかな。



今のメルマガアフィリエイターは
この部分が完全に欠如していると思いますよ。


自分しか書けない文章。
自分しか書けないレビュー。


この辺りをもっと出していったほうが
確実に今より、面白い記事が書けるようになるし。
反応も格段に上がると思います。


そんな現代の
メルマガアフィリエイターの欠点を修正するものを
見つけましたので紹介しておきます。
→ http://minority-affiliate.net/present/click.cgi?pid=1&uid=3


ちなみに
今回紹介したものは無料でもらえるものです。


まずは黙って手にしてみてください。
そして、じっくり読み込んで下さいね。


その辺の
商材よりよっぽど濃い事が書いてありますから。
→ http://minority-affiliate.net/present/click.cgi?pid=1&uid=3


Posted by shimauta0410 at 2009年10月14日│04:21
TOPへコメント(0)トラックバック(0)Edit


■ふと昔を思い出していました。へのトラックバックURL